AtCoder Beginner Contest 014

 そうやってすぐ実装が重たい問題を持ってくる。

結果

 300/400 9:14 63位相当

 

 開始時刻 2017/07/29 17:23:00 提出履歴

A: けんしょう先生のお菓子配り - AtCoder Beginner Contest 009 | AtCoder

 0:20(AC)

 (b-(a%b))%bで一発。

B: 価格の合計 - AtCoder Beginner Contest 009 | AtCoder

 2:28(AC)

 ビットでフラグ管理するやつ。実装の方針を提示してB問題に持ってくるの、なかなか好き。結構使えるし。

 (x>>i)%2で判定する。解説見て気付かされたけど(x>>i)&1もあり。というかこれから(x>>i)&1にしようかな。

C: AtColor - AtCoder Beginner Contest 009 | AtCoder

 9:14(AC)

 いもす法。座標圧縮も特に必要ないので普通に実装。ただ範囲がa以上b「以下」なので、デクリメントするのはb+1要素であることに気をつける。

D: 閉路 - AtCoder Beginner Contest 009 | AtCoder

 未回答

 LCAの深さを求めます。(aの深さ)+(bの深さ)-2*(LCAの深さ)+1します。ヤッター!ただし、LCAが求められるとは言ってない。

 オイラーツアーしてからRMQが一番楽そう?とはいえセグメント木が組めないので精進しないとダメ。結局時間切れ。

感想

 LCAは何度も見てるけど組めてないので愚かという感じ。セグメント木を組めるようになります。→なりました。(7/30追記)